記事記述:2010.05.02
                                                                                                                                                                                                                                       

 南大阪線・矢田〜河内天美間の阪神高速道路大和川線との立体交差部分の工事状況であるが、現状で下り線の回避線用レールの敷設中で、ロングレールの溶接、バラスト敷設はほぼ完了している模様。また、架線も架けられた状態になっており、GW明けには線路切り替えが行われる見通しとなっている。


南大阪線・矢田〜河内天美間の阪神高速道路大和川線立体交差工事部分のようす。回避線レール敷設作業はほぼ完了しているようす。
                                                                                                                                                             【3枚とも 2010.04.29 9:40頃 915レ車内から  矢田〜河内天美】


なお、この工事に伴い、架線最上部に配線されている特別高圧電線に変化が見られた。電線を支えるガイシから補助ワイヤが外されている区間があり、最終的には特別高圧電線が撤去されるようすである。撤去区間は未確認であるが、阪神高速立体工事区間(上記写真区間)では特別高圧送電線は撤去されており、最終的には矢田変電所〜高鷲変電所間の送電線は全撤去される可能性が高い。


特別高圧送電線の補助ワイヤが外されている。            【2枚とも 2010.04.29 9:40頃 915レ車内から  河内天美〜布忍】