記事記述:
2010.04.13
                                                                                                                                                                                                                                       

 3月29日に古市検車区(古市車庫)に出揃った新型特急車両16600系が、最終調整のため同検車区に留置となっていたが、9日ごろから新たな動きを見せた。
 検修棟のある27号線から隣の26号線へと移動しており、12日には両編成がパンタグラフを上げ通電状態となった上に、16602Fは行先表示器に『吉野』を表示していた。
 また、同運転区の乗務員らが車両に乗り込み、下見や各種操作を行っていた。
今後、運転手訓練を兼ねた本線上試運転が本格化するものと思われる。



通称26号線に留置中の16600系16602F(写真手前編成)と16601F(写真演恤メ成)。両編成ともパンタグラフを
上げ通電状態で留置されていた。                                                            【2枚とも 2010.04.12 10:45頃 古市車庫】



運転手などの乗務員が、車内へ乗り込み見学や各種操作を行っていた。なお、乗務員の車両操作により、ブレーキ緩解
音、電子ホーン音、IGBTインバータ制御音などが確認できた。ブレーキ緩解音は6820系(22600系)と同じ、インバータ
制御音は6820系のそれより音程が若干低い感じを受けた。                        【2枚とも 2010.04.12 11:13頃 古市車庫】



LED式行先表示器の表示のようす。表示そのものは標準軌線用22600系に準じているが、『大阪阿部野橋/京都連絡』がいかに表示されるか、興味の湧くところである。