記事記述:
2010.03.21
                                                                                                                                                                                                                                       

 
16600系の先頭部と側面の車体番号。                                                  【2枚とも 2010.03.20 17:00頃 天美車庫】


 3月初旬に近畿車輛より近畿日本鉄道に納入され、高安研修センターから五位堂検修車庫を経て3月17日に南大阪線入りとなった新型特急車両16600系16601F(C#16601-16701)が、現在は天美車庫13号線に留置されている。モ16601の先頭台車の車輪には車輪止めが施されており、同系16602F(C#16602-16702)の天美車庫入りまでの待機と推測される。


天美車庫13号線の末端で留置中の16600系16601F。                                                                     【3枚とも 2010.03.20 17:00頃/17:48頃/18:15頃 天美車庫】


ここでは、現時点で把握できている16600系の装備等について解説する。

 
モ16600形の運転台後部の乗降扉の横には喫煙ルーム     ク16700形のサイドビュー。床下機器の配置などが6820系とは若干異なっている。空調装置は標準軌線用として昨が設置されている。勿論、南大阪線系特急車両では初とな    年デビューした22600系と共通になっている。
る。

 
車両連結部分。ロゴデザインは22600系と共通となってい    新型ATS用の車上子が伺える。
る。乗降扉には既に座席番号と車いす対応のピクトグラム
が貼られた状態となっている。

 
シリーズ21共通のシングルアームパンタグラフ、PT-7126。 電動空気圧縮装置は6820系に装備されている三菱製C-
                                                                                     1000LAではなく、ナブテスコ製AHS-10となっている。


動力車用軽量ボルスタレス台車、KD-316。16400系の台車KD-310を改良したもので、130q/hを行う22600系
とは違い最高運転速度が110km/hであるため、新製当初からヨーダンパー(蛇行動抑制装置)は装備していない。なお、
在来特急車両同様、先頭台車への増粘着剤噴射装置の装備も行っていない。


付随車用軽量ボルスタレス台車、KD-316A。動力台車と同じくヨーダンパー、増粘着剤噴射装置は装備していない。