記事記述:2010.03.10
                                                                                                                                                                                                                                       

 南大阪線系特急車両26000系さくらライナーのうちのSL02が、五位堂検修車庫に入場した。
同編成は10日の段階で、大阪阿部野橋側2両(C#26402-26302)が既に五位堂検修車庫に入場、吉野側2両(26202-26102#C)が橿原神宮前台車振替場に留置されていた。吉野側2両も10日夜もしくは翌日の夜にも五位堂検修車庫へと回送されるものと思われる。
 今回の入場目的の詳細は不明であるが、定期検査の時期が迫っているのは事実で、その可能性が高い。
 また、デビューから20年が経過しているのも事実で、車体更新が行われる可能性もあるが、春の桜の開花時期にさくらライナーの五位堂検修車庫入場となるのは過去に例がなく、おそらく入場を避けられるものと推測できるので車体更新ではないであろう。



五位堂検査入場を待つ26000系SL02の吉野側2両。
                                 【2010.03.10 17:50頃 橿原神宮前】