記事記述:
2010.01.24
                                                                                                                                                                                                                                       

 2009年度の近畿日本鉄道への新型特急車両増備36両のうち、4両(2連車2編成)が南大阪線用特急車両として新造、近畿車輛徳庵工場の敷地屋外に姿を見せている。完成筺体が確認されたのは1月10日ごろからで、筺体形状は22600系と同様であるが、乗降扉位置や座席数は16400系ACEに準じている。車体には『16601』『16701』『16602』『16702』の車番が確認されたことから、南大阪線用特急系列『16600系』であることが明らかである。
 今後、同工場内で完成検査ののち、2月初めには高安検修センターに向けての搬出が行われ、3月のダイヤ改正まで南大阪線上での試運転が行われるものと思われる。



近畿車輛徳庵工場の屋外に留置されている新型車両のうちの1両。車両番号『16702』から16600系ク16702であることが伺える。       【3枚とも 2010.01.24 17:15頃 JR徳庵】