記事記述:2009.10.12
                                                                                                                                                                                                                                     

 毎年10月14日『鉄道の日』に因んで行われる『きんてつ鉄道まつり』が、今年も例年通り五位堂検修車庫にて開催された。
 今年も昨年同様天候に恵まれ、大勢の家族連れ・子供連れや鉄道ファンの見学者で賑わった。
今年は本年度デビューの新型汎用特急車両22600系『Ace』と来年開催となる平城遷都1300年記念祭の宣伝ラッピングが施されたシリーズ21・9820系EH30の展示がメインとなった。
 また、平城遷都1300年記念祭マスコットの『せんとくん』の姿もあった。

 
きんてつ鉄道まつり会場となった五位堂検修車庫の正面門   絶好の行楽日和となり、大勢の見学者が訪れた。
。昨年同様の立て看板が掲げられる。



きんてつ鉄道まつり2009の案内チラシ。デザインは例年通り。


平城遷都1300年記念祭マスコット『せんとくん』も人気のひとつとなっていた。


展示物などを記した見取り図が数か所に掲示されていた。


案内図A:きんてつ車両写真撮影会
   
車輌写真撮影会用に用意された列車群。今年は特急系車   本年度デビューの新型汎用特急車両22600系『Ace』が一  南大阪線系では6400系Mi04が展示されていた。
輛勢揃いといったところ。                                                 番の人気となっていた。

 
標準軌通勤型車両で唯一展示となった9820系EH30『平城遷都1300年記念』ラッピング車両。行き先表示は本年度
から開始した阪神近鉄相互直通運転に因んで『快速急行|三宮』(阪神線内仕様)。


案内図C:電車と綱引き

電車と綱引きには、今年はシリーズ21・9020系EE21。


案内図D:床下ピット探検隊

床下ピットの見学には1252系VE75。今回で3年連続の鉄
道まつり展示編成である。方向幕には阪神線内仕様の『快
速急行』。


案内図E:40tクレーンの実演

今回の40tクレーンの実演は、定期検査入場中の特急車両を使用。実演終了時には拍手が起こる。


案内図F:車両機器の実演・展示
 
パンタグラフ展示にはいつもの菱形PT-42に代わり、下枠    電動空気圧縮装置HS-10。今まではただ展示してだけであったが、今年はスイッチを押すとピストンが動き、動作のよう
交差形PT-48を展示。                                                   すがわかる展示へと変更となっていた。


今年は新たに電気連結器や速度計発電機の展示があった。


案内図G:電車のブレーキを握ってみよう

今年の対象台車は標準軌特急車両12200系/15200系
用シュリーレン台車KD-71。


案内図H:駅長になろう撮影会

通勤車両の先頭車を背後に、駅員さんの制服を着用しての
撮影会。今年は大阪線系1422系VW25。


その他展示物
   
検修棟横の留置線には定期検査のために入場してきた東
大阪線用7000系HL01の半編成を展示。


検修棟内で見かけた新型ATS(ATS-P)車上子。定期検査と同時にATS換装を行っている途中のものである。画像の1252系VE64以外に、入場している12200系N33、12600系NN51、22000系AS22が新型ATS換装の状態となっていた。