記事記述:
2009.08.22
                                                                                                                                                                                                                                       

 今月上旬に営業運転から離脱していた6020系C29が、定期検査を終え21日のうちに入場先の五位堂検修車庫から橿原神宮前へと回送された。
 同編成は同系C23・C25と共に製造から40年が経過し、通常の耐用年数から過ぎることとなり廃車が懸念されていたが、今回の定期検査を無事に終えて出場してきたことから通常運用に問題が無いと判断されたことになる。
 ただ、本年度は新造車両補充が行われないことから同編成は現役続行となるであろうが、同系C31のように転落防止装置の設置がなかったことから、近々廃車となることは免れられないようである。



定期検査を無事終え、橿原神宮前に戻ってきた6020系C2
9。C#6029-6030は既に台車履き替えを終えている。
                                  【2009.08.22 5:00頃 橿原神宮前】

   
電動貨車モト98〜モト97(MF98-MF97)に挟まれたまま留置中の6020系C29/6163-6125#C。本日中に狭軌台車    6125#Cの軌条塗油器も健在。
に履き替えられ、先に回送されているC#6029-6030と連結/組成されるであろう。     【2009.08.22 5:00頃 橿原神宮前】