記事記述:
2009.08.01
情報提供:taka氏、SHIKE氏
                                                                                                                                                                                                                                       

 今年の5月下旬から姿を見せなくなっていた16000系Y09が、2カ月ぶりに運用復帰した。
姿を見せなくなっていたのは2度目の車体更新(通称B更新)を行うため五位堂検修車庫へ入場していたからで、先月28日に五位堂検修車庫を出場、翌29日には橿原神宮前〜古市間で試運転が実施されていた。
B更新の内容は、昨年末から今年にかけてB更新を行った同系Y08+Y51と全く同じであるが、更に現在各線区車両で設置が進められているデッドマン装置の装備と新型ATSへの対応が同編成へも導入された。

運用復帰したのは8月1日朝からのもようで、PL花火芸術開催に伴う臨時列車運転の合間を縫って大阪阿部野橋⇔吉野間の特急に充当されているのが確認された。

 
8月1日の4909レ/大阪阿部野橋19:40発吉野ゆきに充当される16000系Y09。B更新時に転落防止幌の装備や、乗降扉部分の滑り止め/雨樋の設置などが行われている。
なお、Y09独特の先頭部の塗り分けは健在である。                                                                                                               【2009.08.01 19:30頃 3枚とも大阪阿部野橋】



新型ATSへの対応、デッドマン装置の装備なども、B更新時に併せて行われた。