記事記述:
2009.08.01
                                                                                                                                                                                                                                       

 8月1日の『PL花火芸術』開催に当たって観客の便宜を図るための臨時列車の運転が、17日より近鉄電車オフィシャルサイト『K'sPLAZA』での掲示通りに運転された。トラブルもなくスムーズにダイヤをこなせたもよう。
編成は、大阪阿部野橋⇔古市⇔富田林の輸送をメインに、大阪阿部野橋向きで4+4、4+2+2、2+2+4、3+3+2、2+3+3、3+2+3の6パターンの8両編成での運転を行った。また、大阪阿部野橋⇔藤井寺、大阪阿部野橋⇔河内長野は普通、準急ともすべて5両での運転となった。
特筆すべきはシリーズ21/6820系で、毎年PL花火臨への直接充当を避けており、昨年は【準急|藤井寺】への充当を果たしたが、今年は古市⇔橿原神宮前間で朝から最終まで重連での運転となった。

 
富田林方面ゆきの準急に乗り込むPL花火観客                                          【19:25〜19:40頃 2枚とも大阪阿部野橋】


PL花火臨時列車として活躍する6600系FT04以下8連、6432系Mi26以下8連、6200系U03以下8連。  【19:05頃 河内松原/19:20頃 大阪阿部野橋/19:45頃 大阪阿部野橋】


大阪阿部野橋駅の総合案内LCD。富田林方面ゆき準急中心の案内が、20時近くになると古市ゆき準急中心の案内へ
と変わってゆく。『橿原神宮前』の表示が無いのは非常に淋しい感じが漂う。                        【19:15頃/19:45頃堰z


20時台になると、3番ホームおよび4番ホームの案内がすべて【準急|古市】8両、の表記に。普段ではありえない光景
。                                                                                                                            【19:45頃 大阪阿部野橋】