記事記述:
2009.07.01
                                                                                                                                                                                                                                       

先月末に近鉄から同社株主に対して発行した定期株主総会の招集案内によると、今年度の近畿日本鉄道への新造車増備は特急車両のみを36両と記されていた。
このうち10両は、既に今年1月に納入、4月から営業運転を開始した新型汎用特急車両・22600系とみられ、同系列の導入計画の残両数が昨年末には22両となっていたことから、計算上余剰となる4両に関して、南大阪線系への特急車両増備の可能性が浮上してくる。

実際、南大阪線系列の特急車両のうちの16000系最古参Y05〜Y06が新製から40年と耐用年数を過ぎており、その編成差し替え用に新製されるものとみられる。
ただ、26000系『さくらライナー』の車体更新を控えている現状と、今年に入ってから16000系Y06の定期検査を行っていることから、新型特急車両の導入で同系Y05〜Y06をすぐに廃止することは考えにくい。

今後の16000系Y05〜Y06の動向に注目すると同時に、新型特急車両導入がどうなるのかも気になるところ。

 
今年1月に標準軌線汎用特急として導入された22600系。   大阪阿部野橋へと送り込まれる16000系Y05。同系の大
画像は2連車の大阪側動力先頭車モ22651。南大阪線へ   掛かりな内装工事が行われる中、唯一デッキ無しとして最
の新型車両もこのスタイルとなることは間違いなさそうであ     後までそのスタイルを維持し続けた。しかしその勇姿が見ら
る。                               【2009.01.13 高安検修センター】    れるのもあと僅か。 【2008.04.05 大阪阿部野橋〜河堀口】