記事記述:
2009.06.11
                                                                                                                                                                                                                                       

6200系U03が、2度目の車体更新(通称B更新)を終えて、五位堂検修車庫を出場した。
同編成は今年4月上旬から五位堂検修車庫に車体更新工事のために入場していた。
今月9日には五位堂検修車庫を出場、午後にC#6203-6204の2両が、夜のうちには6352-6302#Cの2両が、それぞれ橿原神宮前へ回送されてきていた。10日夕刻にはすでに橿原神宮前台車振替場には同編成の姿はなく、この日の午後に橿原神宮前〜古市間で出場試運転が行われたものと思われる。

同系列でのB更新はこの編成が初めてとなったが、先にB更新を施工した6020系C61・C71・C73・C77の更新内容に沿った、ク6300形への車いすスペースの確保工事、日除けブラインドの交換、転落防止装置の設置、乗務員出入り扉窓のシリーズ21化などを行っている。

併せて現在進行している新型ATSへの対応(ATS-P車上子換装等)やデッドマン装置装備などが行われた模様だが、電動空気圧縮装置(CP)の換装が行われたかどうかは現状で不明である。なおパンタグラフは菱形PT-42のままである。

なお今回の五位堂入場では定期検査は行われていない。

 
B更新出場直後の6200系U03。C#6302-6352は電動貨    9日昼過ぎに五位堂出場したC#6203-6204は台車振替を終
車に挟まれたまま一夜を過ごした。                                    えた状態で台車振替場に留置されていた。
                                            【2009.06.09 橿原神宮前】                                               【2009.06.10 橿原神宮前】



乗務員出入り扉付近(画像)、C#6302-6352連結部分(画像)、車内のようす(画像堰j。何れも先にB更新を施工した6020系C73などと同様の工事が行われたことが伺える。
                                                                                                                                                                                                   【3枚とも 2009.06.09 橿原神宮前】


電動貨車に乗せられた台車。再塗装されていないことから、
定期検査は行っていないことがわかる。
                                            【2009.06.09 橿原神宮前】