記事記述:
2009.05.04
                                                                                                                                                                                                                                     

阪神高速14号松原線三宅JCT(仮称)〜同15号堺線三宝JCT(仮称)を結ぶ阪神高速大和川新線(9.9km)の建設工事が本格化しているが、そのうちの近鉄南大阪線立体交差部分(大阪府松原市天美北6丁目〜7丁目1番地付近)の準備工事が開始された。
立体交差部分は阪神高速大和川新線がシールド工法による地下トンネルとなるため、南大阪線の交差部分の地盤補強工事が必要となる。

大阪府・富田林土木事務所によると、立体部分完成は平成25年3月予定としている。


阪神高速大和川新線西側の建設中の見取り図。


立体工事が行われる区域では、工事用フェンスが設置され、軌道には作業用足場のための枕木埋め込み作業中となっている。
                                                                                                                                                             【3枚とも列車内より撮影 2009.05.04 大和川橋梁〜河内天美】