2009.02.20



近鉄グループの2009年度時刻表(2009年号)が、ダイヤ改正となる3月20日の1ヶ月前となる2月20日に、近鉄主要駅などで発売を開始した。
2009年号では、3月20日ダイヤ改正と同時に開始される阪神電鉄相互直通運転に関する記事やダイヤ表記が中心となっている。


2009年号時刻表の表紙を飾るのは、相互直通運転の主役となる近鉄シリーズ21/9020系
・阪神最新鋭1000系が並んで撮影された写真が選ばれている。

 
もうお馴染みとなっている近鉄路線図。ここに新たに近鉄相互直通運転を行う区間となる阪神なんば線/大阪難波〜尼   『列車種別と停車駅案内図』にも、阪神なんば線および阪神
崎・阪神本線/尼崎〜三宮が路線図に書き加えられている。                                                                                 本線での停車駅が書き加えられている。

   
『近鉄・阪神 相互直通運転開始』の案内記事。                  今号で30回目となる近鉄電車の紹介記事『The Densha』。  近鉄特急ラインナップには、早くも最新鋭ACE/22600系
                                                                                   今回は今や近鉄電車の標準となりつつある『シリーズ21』    の紹介記事が加えられている。
                                                                                   の紹介。

 
相互直通運転に対応した奈良線の時刻表。阪神線内での停車駅名や、三宮の行き先、大阪難波や大阪上本町の表示   阪神線内では近鉄車の快速急行の列車番号には『K』が付
が伺える。                                                                                                                                                     加される。


南大阪線系のダイヤ改正はないものの、前号までの『あべの橋』表記から『大阪阿部野橋』表記へと変更されている。
大阪線系/奈良線系の『大阪難波』や『大阪上本町』との表記統一の一環とみられる。


南大阪線系統での時刻表発売場所は次のとおりである。金額は1冊700円。

近鉄駅営業所  大阪阿部野橋、藤井寺、古市、橿原神宮前
近畿日本ツーリスト  松原
近鉄百貨店  阿倍野店
近鉄リテールサービス  近鉄駅内売店