2009.01.01
                                                                                                                     

 今回も例年通り、橿原神宮をはじめとする沿線寺社仏閣への初詣客の便宜を図るため、臨時急行を1時間に2本、計11往復の運転を行った。
南大阪線系のヘッドマーク掲出列車が取り止めになっていく中、この臨時急行は『開運号』のヘッドマーク掲出で無事運転されている。
運転初日の元日は6620系MT22を皮切りに6200系U17、6020系C69、6620系MT26の4編成が充当され、2連車2編成による4両編成の
列車の充当はなかった。
この臨時急行『開運号』は4日まで運転されるが、運転列車の編成は元日の充当編成に準じるため、4連車の充当に終わる見込みである。

 
臨時急行『開運号』に充当された、7021レ/6620系MT22(写真)、7023レ/6200系U17(写真)、7121レ/6020系C69(写真堰j。いずれも4連車による運転となった。
                                                                                                                                                                                                         【2009.01.01 いずれも北田辺】

 
大晦日〜元旦の終夜運転でも大阪阿部野橋〜橿原神宮前   臨時急行の液晶案内表示。   【2009.01.01 大阪阿部野橋】
間を走り続けた6620系MT26も7123レで『開運号』に充当さ
れた。                                          【2009.01.01 北田辺】


尺土駅での7233レと7232レの離合。     【2009.01.01 尺土】