記事記述:2008.08.02
画像更新:2011.02.15

                                                                                                                                                                       

 PL花火芸術開催に伴うPL花火臨運転のうち、【準急|藤井寺】ゆきの運転が行われた。
 この列車は、かつてプロ野球球団『近鉄バファローズ』が存在し、今は取り壊しとなり無くなってしまった藤井寺球場で野球試合を行っていた時に臨時運転した『バファローズ号』以来の運転となる。

 運転の目的は花火芸術開催が週末の金曜日となってしまったため、一般通勤客とPL花火観覧者を分離するためで、大阪阿部野橋15時59分を皮切りに30分おきに7本運転した。この中には毎年【準急|富田林】ゆきには充当しない6820系が充当され、再注目株となった。


 
バッファローズ号運転以来の方向幕掲出となった【準急|藤井寺】ゆき。画像は大阪阿部野橋16:59発の列車で編成は6200系U07+6600系FT03。           【2008.08.01 河内松原】


大阪阿部野橋17:29発の列車の編成は6020系C41+6413系Mi18。大阪阿部野橋駅のソラリー表示にはバファローズ号として運転していた名残りが。  【2008.08.01 大阪阿部野橋】


今回最も注目となったのは6820系の藤井寺ゆき準急への運用で、7本運転された藤井寺ゆき準急のうち、実に2本も充当となった。1本目は皮切りの大阪阿部野橋15:59発。一旦
藤井寺ゆき普通の運転を挟み(画像)、大阪阿部野橋18:29発の列車として再び運用に就いた(画像)。充当された6820系はAY21で、組成相手は6020系C23(画像堰j、さらに
逆組成となった。                                                                                                                                                     【2008.08.01 今川/燕lゥノ里〜河内松原