2008.03.21
                                                                                                                                   

近畿日本鉄道は、GPS(全地球測位システム)を活用した『運転士支援システム』を全線のワンマン運転列車等一部の列車を除いた全列車を対象に、ダイヤ改正初日となる3月17日に一斉導入/運用を開始した。

このシステムの趣旨は、音声や画面表示により、運転士に対して運転支援(注意喚起)を行い、オーバーラン等の運転ミスを防ぐもの。

本システムは近畿日本鉄道とそのグループ会社である近畿車両エンジニアリング(大阪市天王寺区)が共同で開発したもので、国内大手私鉄での導入は近畿日本鉄道が初となる。

 
運転席の窓枠に装着された『運転士支援システム』の端末。  車両外からの概観。
バッテリー内臓で脱着が可能。

   
通常の状態。列車種別と編成両数、左上には列車番号が     駅を発車すると次の停車駅を列車種別の下に表示。
伺える。


停車駅が近づくと列車種別が反転点滅し、画面上のLEDが点滅する。


停車位置が近づくと編成両数を表示し、音声で『ピッタリ停車』の喚起を繰り返す。橋上駅舎やトンネルなどでGPS電波が
受信できなくなると『GPS受信不可』と画面下部に表示する堰B