2008.01.25
                                                                                                                                   

定期検査時に転落防止幌装着を行う例が増えてきた。南大阪線系車両でも、6020系C43、C47や6422系Mi30などもその一例ではあるが、この程6200系にも転落防止幌を装着した編成が登場した。車体更新(通称B更新)ではなく、同じく定期検査時に6020系C43などと同タイプの転落防止幌を装着している。

なお今回転落防止幌を装着した編成はU21で、この編成は以前に電動空気圧縮装置をD-3-FからHS-10へと交換、同時にアフタークーラーも大型化を行っている。また、同編成は電気検測車『はかるくん』(TF25)の伴車となるべく、TF25への動力線ジャンパーの装備、および前方監視カメラの取り付け対応の工事も行われているため、6200系の中では一番の改造編成となっている。


定期検査時に転落防止幌を装着した6200系U21。それ以外の大きな改造は認められない。
                                                                                                                           【2008.01.25 大阪阿部野橋】

 
6200系U21に装着された転落防止幌。6020系C43やC47と同タイプではあるが、6020系の転落防止幌装着編成が見慣れているせいか、丸屋根/クーラー連
続キセの車両への装着は新鮮なものがある。                                                                                                                          【2008.01.25 大阪阿部野橋】

情報提供: チクリン氏・SHIKE氏