2007.12.22
                                                                                                                     

10月上旬より定期検査と思われた16000系Y08の運用離脱から2ヵ月半、ようやく運用復帰した。
Y08は19日のうちに五位堂検修車庫から橿原神宮前へ回送、20日に同系Y09を併結しての試運転を行い、その後河内天美車庫へと回送、21日夕刻まで留置されていた。

今回の定期検査入場と同時に車体更新(通称B更新)を行ったため、長期入場となった。
車体更新では、乗客乗降扉と乗務員扉の上部に雨樋を設置、連結面には転落防止幌が設置された。転落防止幌に関しては標準軌線用特急の車体更新時に設置されているものと同タイプのものが設置された。
Y08の車体更新に転落防止幌が設置されたことで、ユニットを組むY51や、同形式Y07/Y09、16010系Y11、16400系、26000系にも設置されていくことは言うまでもない。

 
車体更新を終え、Y51との元通りの組成に戻ったY08。床下機器や台車が塗装されていることから、定期検査も同時に   試運転後、片編成留置中のY08。 【2007.12.21 天美車庫】
終えていることがわかる。                                                                                           【2007.12.22 橿原神宮前】

 
16008-16151の連結面に設置の転落防止幌と、Y08-Y51ユニット連結面の転落防止幌堰B今回は両ユニットが同時
に車体更新を行っていない為、通常では見られないこのような光景が見られることとなった。  【2007.12.22 橿原神宮前】