2007.12.22
                                                                                                                     

6020系C47が定期検査を終え、営業運転に復帰している。
今回の定期検査では、先に定期検査を行った同系C43と同じく、転落防止幌の設置が行われている。

定期検査時の転落防止幌の設置編成は、車体更新(通称B更新)を行っているが転落防止幌の設置を行っていない2次型(MMC制御)のC43以降の編成に限定されている。


定期検査を終え、通常運用に就くC47と、装着された転落防止幌。列車運行業務上の安全確保のため、転落防止幌の
装着編成は急速に増えるだろう。                                                                                    【2007.12.21 河内天美】