2007.10.08
                                                                                                                     

毎年10月14日『鉄道の日』に因んで行われる『きんてつ鉄道まつり』が、10月8日(月/祝)に五位堂検修車庫にて開催された。
第14回となる今年は生憎にも小雨が時折降る天候となったが、大勢の家族連れ・子供連れや鉄道ファンの見学者が訪れた。
今年は本年度から運用が開始された電気検測車『はかるくん』や、近鉄特急60周年ラッピングの施されたアーバンライナーネクストなど、新しい顔ぶれの展示があった。


   
当日の会場入り口で配布されたプリント。

 

今回初めて五位堂検修車庫の正面門に掲げられた立て看    生憎の天候にもかかわらず、大勢の見学者が訪れた。
板。


同日から運転が始まった近鉄特急60周年ラッピング施工の
アーバンライナーネクストが、会場横を走り抜けていくシーン
も見られた。多くのギャラリーがカメラを構える。


案内図@:『近鉄電車第1号車』の展示

一昨年から展示されている『デボ1型』の前では近鉄吹奏楽
部の生演奏が開門と同時に始まった。今回初となる。

案内図A:きんてつ車両写真撮影会

車輌写真撮影会用に用意されたのは『ビスタEX』30000系・団体用車両『楽』20000系・『シリーズ21』9820系・電気検測車『はかるくん』24系。開門直後は中央のレーンには車両はなく…

 
車輌写真撮影会の横手、塗装剥離場には、南大阪線車両・  塩浜検修車庫で行われたきんてつ鉄道まつりに続き、今回
定検回送牽引車モト97+モト98、さらに東大阪線車輌・定     の鉄道まつりにも姿を現した電気検測車『はかるくん』。
検回送牽引車モト78+モト77が展示されていた。


近鉄特急60周年ラッピングが施され、本日の名古屋始発の臨時名阪特急にてお披露目運転を行ったアーバンライナーネクストが、運転終了後、五位堂検修車庫へ回送、中央レーンへ入線というビッグサプライズがあった。

案内図C:電車と綱引き

電車と綱引きには、今年は南大阪線系6413系Mi18を使用。

案内図E:40tクレーンの実演

今回の40tクレーンの実演は、奈良線から名古屋線へと転属となった9000系FW01。

案内図I:駅長になろう撮影会

特急車両の先頭車を背後に、駅員さんの制服を着用しての
撮影会。

図J:あなたも運転手!『出発進行!!』

今回の使用車両は今注目の阪神直通対応改造施工車両の
うち、従来車からの改造の1252系VE71。正面の転落防止
注意喚起スピーカーや、2段になった電気連結器に目が行く。