2007.09.24
                                                                                                        

26000系さくらライナー/SL01が18日、定期検査を終え五位堂検修車庫を出場、21日には橿原神宮前から古市へ向けて試運転を行った。
今回の検査入場は通常の定期検査に終わり、雨樋や転落防止幌の装着はなかった。

26000系は新造から17年が経過しており、車体更新の時期も迫ってきている。車体更新の場合、長期運用離脱が利用客に大きな影響を及ぼす為、2年後の2009年に見送ったもよう。なお、2009年には標準軌線汎用特急車両がデビューする方向であり、このことも視野に含まれているものと思われる。

 
台車と編成が組まれ、試運転待ちのSL01。                      乗降扉上部には雨樋は装着されず、転落防止幌の取り付け
                                            【2007.09.21 橿原神宮前】  もなかった。                           【2007.09.21 橿原神宮前