2007.09.06
                                                                                                        

6422系Mi30が8月末に定期検査を終え、南大阪線へと運用復帰している。
近年、南大阪線系の車両では車体更新(詳しくはB更新)時の転落防止幌装着となっていたが、このMi30は定期検査時の装着となった。

今回装着された転落防止幌であるが、6432系や6620系MT22・MT24に装着されているブレードゴム形状のものではなく、6020系C67・C75
等に装着されている円筒ゴムキャップ形状のものが使用されている。近鉄全線のVVVFインバータ車両では大阪線用1436系VW36に次いで2例
目となる。

今後の既存車への転落防止幌装着は、この形状のものが標準となっていくことであろう。

 
5221レ/吉野ゆきの運用に就くMi30。                           Mi30に転落防止幌が装着された状態の側面画像。6432系が見慣れているため、少し違和感がある。
                                         【2007.09.05 大阪阿部野橋】                                                                                                                            【2007.09.05 大阪阿部野橋】


転落防止幌の画像。アルミ車体への流用の為か、基部の構造が6020系や66
00系のものと若干違いがあるようにも思える。      【2007.09.05 大阪阿部野橋】