2007.05.06


南大阪線の土師ノ里駅は、直交する旧国道170号線と併走する府道12号線(通称、堺大和高田線)よりも低い位置にあり、駅舎は旧国道170号線に隣接する。この土師ノ里駅とその周辺、交差点を改良する工事が先月末から本格的に進められている。

土師ノ里駅周辺の整備の目的は・・・
 @ 土師の里交差点の渋滞解消
 A 駅周辺の放置自転車対策
 B 駅前空間の創出
 C 駅の移設および改良
 D 駅舎および駅周辺のバリアフリー化
となっている。

全面完成は平成23年3月の見通しとしている。

 
上りホーム階段付近と下りホーム階段付近の現在の様子。まずは駅階段の移設から始まるもよう。上りホームの外側奄ヘ更地に仮設階段設置の為のH鋼を打ち込んだ状態。
                                                                                                                                                                                                                        【2007.05.06 現在】

駅改良工事に伴う『おことわり』メッセージの看板
                                                      【2007.05.06 現在】

完成予想図と計画表、設計図面等を以下に掲示する。この文書等は藤井寺市ホームページの【担当課から調べる】→【都市整備部】/【まちづくり推進課】/【情報提供表示】→【土師ノ里駅周辺整備事業について】でも閲覧できる。