2007.02.27
                                                                                                       

スルッとKANSAI事業部が推進してきたICカード運賃決済システム『PiTaPa』が、今年4月1日から近畿日本鉄道でも利用可能となる。
このことを受けて、近鉄グループではPiTaPaカード利用開始の宣伝をポスターやステッカーにて開始した。
駅構内ポスターをはじめ、車内広告掲出のことはもちろん、各車両の戸袋面にもステッカーによる宣伝告知を行っている。

戸袋面ステッカーは2種類で、6600系、6020系を皮切りに24日頃から順次貼り出しされており、27日にはスマイルトレイン(6200系U15)を除く全ての車両への張り出しが完了したと思われる。なお、スマイルトレインは車体全体が近鉄百貨店の広告となる為、車内広告のみとなる。

 
PiTaPaデビューの広告。             【2007.02.26 河内松原】   KIPS+PiTaPa入会キャンペーンの広告。
                                                                                                                            【2007.02.26 大阪阿部野橋】

 
6407系Mi07の戸袋に貼り出されたPiTaPaデビュー          6407系Mi07の戸袋に貼り出されたKIPS+PiTaPa
の広告。
                                                                      入会キャンペーンの広告。


また、南大阪線・長野線・御所線の全駅へのICカード対応自動改札機の設置と、吉野線・道明寺線へのICカード対応自動改札機および簡易決済機の設置の完了を受けて、ICカード対応自動改札機のICカード読取部にも、広告ステッカーの貼り出しが行われている。


車両戸袋のステッカーと同一内容のステッカーがICカード対応自動改札機のIC読取部にも貼り出されている。


情報提供: 南☆近ファン氏