2007.02.08
                                                                                                        

各線区でデビュー前最終調整を行ってきた電気検測車『はかるくん』(C#25-24)が、南大阪線へ入線、試運転を行った。『はかるくん』の南大阪線入線は、昨年9月中旬以来2度目となる。
同編成は今月2月1日には橿原神宮前へ移動、検測装置を搭載するC#25(クワ25)が台車振替場にて狭軌台車(KD-61Ck)へ換装、同月2日には伴車となる6200系U21との連動試運転を行っていた。

本線試運転走行は、まず3日から6日の4日間、橿原神宮前〜古市間を3往復し、U21と『はかるくん』クワ25との連動および、U21の吉野側先頭車C#6221に積載されたCCDカメラの映像転送試験などを行っている。

また、同月8日には吉野線(橿原神宮前〜吉野間)および南大阪線古市以北(古市〜大阪阿部野橋)への初入線を果たし、検測用パンタグラフを上げた状態で電車線測定の模擬試験、ATS地上子の受信周波数測定の模擬試験を、吉野〜大阪阿部野橋の全区間で行ったもよう。


6200系U21と連動試験を行う電気検測車『はかるくん』。                                          【2007.02.05 両方とも高田市】

   
古市駅南側の南大阪線・長野線分岐点に姿をあらわした       古市車庫にて時間調整中の『はかるくん』。
『はかるくん』。                                 【2007.02.05 古市】                        【2007.02.05 古市車庫(許可を得えて撮影)】

   
検測用パンタグラフを上げ、実際の運用と同じ状態で南大阪   大阪阿部野橋へはこの日が初入線となる。
線を快走する『はかるくん』。          【2007.02.08 河内松原】                                            【2007.02.08 大阪阿部野橋】

   
『はかるくん』の屋根には投光器と電車線集電状態監視用      検測用パンタグラフは旅客車用下枠交差式パンタグラフより
のCCDカメラ、電柱位置検出装置が見える。                        もやや小さめ。電車線あたり板には各種センサを装備する。
                                        【2007.02.08 大阪阿部野橋】                                             【2007.02.08 大阪阿部野橋】


【検測中】のパネル表示が示す様、投光器が点灯されるなど、実際の検測走行と同様に試験走行が行われていた可能性がある。                    【2007.02.08 すべて大阪阿部野橋】


『はかるくん』が【検測中】のパネル表示の際、伴車となった
6200系U21は【試運転】の方向幕となる。
                                         【2007.02.08 大阪阿部野橋】


なお、『はかるくん』伴車には6200系U19およびU21の2編成が選出されており、『はかるくん』南大阪線入線時の伴車としての若干の改造が施されている。


『はかるくん』標準軌編成(C#25-24)のうちのC#24(モワ24)先頭部に設置されている前方監視カメラが、吉野側先頭車(写真はC#6221)にも同じように設置できるようにカメラ
ステー取り付け可としている。また、前方監視カメラで捉えた映像を『はかるくん』クワ25に伝送するためのジャンパー栓を大阪阿部野橋側先頭車(写真奄ヘC#6311)に手動で取り付
けできるように改造している。

関連記事: [2006.09.15]  電気検測車、南大阪線で試験運転か?