南大阪線、高見ノ里〜河内松原間で人身事故 (2006.10.02)

10月2日午前9時20分ごろ、南大阪線・高見ノ里〜河内松原間の国道309号線アンダークロス付近でで人身事故が発生、上下線ともダイヤの乱れが生じた。
事故内容は線路内に人が倒れていたもようで、上を交差する国道309号線から何らかの理由で転落したもよう。付近には警察や近鉄保線部の係員が駆けつけ一時騒然となった。ダイヤに上下とも30分以上の乱れを生じ、運休する列車や、古市で増結に間に合わず3連で運転する列車が発生した。


事故の起きた国道309号線アンダークロス。                     ダイヤの乱れの為3連での運転となった3820レ。