2006.07.14



7月14日の日中に、16400系を使用した走行試験運転が行われた。

走行試験運転は南大阪線〜吉野線の全区間(大阪阿部野橋〜吉野間)で、天美車庫出庫後、一旦大阪阿部野橋へ回送、10:30分頃大阪阿部野橋を発車、12:00ごろ吉野に到着。その後折返し運転として、春の臨時ダイヤ・1308レに相当するダイヤで13:00頃に吉野を発車、13:44頃橿原神宮前に到着、運転手交代後大阪阿部野橋へと向かっている。

試験運転の内容は、走行時の振動計測が主とみられ、近畿車輛の職員立会いで行われた。
今回試験運転で使用された編成は16400系YS01で、この計測結果を元に今後南大阪線に増備される新型車両およびリニューアル車両に生かされるものと思われる。
なお、6820系登場前にも、今回と同様に6432系Mi24(試験当時6422系Mi24)も同等の走行試験を行っている。


   

今回の走行試験に充当された16400系YS01。                  発車時刻の時間調整待ちの16400系YS01。
                                            【2006.07.14 橿原神宮前】                                                【2006.07.14 橿原神宮前


ク16501の台車・KD−310Aに装着されたセンサー類。                                               【2006.07.14 橿原神宮前


台車に装着したセンサーからの信号を伝達するコード類。     窓ガラスの反射で見えにくいが、車内には近畿車輛の職員
                                                                                  と共に、小型の計測器(○印内)が積載されていた。