2005.03.24
                                                                                                                                   

今月中旬頃まで、定期検査のため五位堂検修車庫に入場していた6020系C49が、営業復帰しているのを確認した。
同編成はC27廃車時に発生した先頭方向幕を移植した編成で、定期検査時に全ての方向幕が旧国名対応のものに交換されるものと期待したが、実際は老朽化が進み交換が必要となった方向幕だけが旧国名対応のものと交換された。
交換された方向幕の位置は、
   モ6049の大阪阿部野橋向かって右側面
   サ6170の大阪阿部野橋向かって左側面
だけである。が、旧国名方向幕に交換された編成のうち、C49が交換数の一番多い編成となった。
なお、今回の定期検査では転落防止幌の装着は行わなかった。

関連記事:  [2005.02.21]  C27の旧国名方向幕、C49へ移植

   
古市にて顔を並べたC49とC75。    【2005.03.23 古市】    サ6170の旧国名に交換された側面方向幕。